FC2ブログ

Aguas Vivas

~ゴスペルバンド「アグアヴィヴァ」~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は特別な人ではありません。特別な声を持ってるとも思っていません。
でも、日本にゴスペルを広げたいという気持ちはとても、とても強いです。
神様はそれを知っています。
そしてゴスペルを広めるチャンスを与えてくれます。
今回は「じけい」さんに行きました。
吉崎さんありがとうございました。
次回のイベントは
4月24日安城市キリスト教会のバイリンガル礼拝
5月8日高浜市かわら美術館第三駐車場内「オニマルシェ」のステージ


スポンサーサイト
2015年12月19日カフェ モノクロームにてクリスマスと吉崎さんの誕生パーティーで演奏をやらせていただきました。吉崎さんのバンド(youthfuldays)も聴くことができて、参加者の皆さんとプレゼント交換など、とても暖かく気持ちの良いひと時を過ごしました。ありがとうございました。動画はこちらです➡︎http://youtu.be/mLTVVeSi51c
伝道の為にこの紙しばいを作りました。
もしよかったら印刷して自由に使ってください。
文書は自分好みで変更しても構いません。
ただし、金儲けの為にご利用をする事を禁止します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今から聖書のお話をしたいとおもいます。
たくさんの人は聖書が単なる宗教やきそくの本だと思っているのではないでしょうか。
聖書は神様がどれだけ人間を愛しているかが書いている本です。
聖書は、神様から私たちへの愛のメッセージです。

聖書には沢山のお話があります。
王様の話、子供の話、弱いものが強くなる話など。
そんな沢山の話の中から今日は全てが始まった時のお話を簡単にしたいと思います。



全ては神様が人間を造りたいという夢から始まりました。
最初は何もありませんでした。地球は形もなく闇の中にありました。
そこで神は言いました「光、あれ!!!」そして光ができました。
これがこの世の歴史の1日目です。



そして神様は6日目で地球を完成させました。
神様の言葉で空、海、山、川、そしてこの世に住む全ての動物や植物を作りました。
そしていよいよです。6日目に神様は人間を作りました。
人間を神自身に似せて造りました(創世記 1:26)
まず神様は土で人間の形を作り、その鼻に命の息を吹き込みました。(創世記 2:7)
最初の人間の名前はアダムです。神様はアダムをエデンの園というとても美しい楽園におきました。



アダムの仕事は動物達に名前を与えることでした。(創世記 2:20)
しかし、アダムは1人でした。神様は人が1人でいるのは良くないと思い女性を作りました。
アダムは最初の女性をイヴと名付けました。
二人はとても幸せでした。
その頃は毎日夕方になるとちょくせつ神様に会って話しをしていました。
しかし、エデンの園にいるのには一つの条件がありました。
それはエデンの園の中央に生えてる善悪の知識の木の実を食べてはいけませんでした。
その木の実を食べれば人間は死んでしまうからです。



2人が幸せに暮らしていたある日のことです。
イヴが1人でお散歩をしているとヘビがこう言いました。「エデンの園の全ての木の実をを食べてはいけないのですか?。」イヴは答えました。「いいえ、全ての木の実を食べてもいいの、でも中央にある善悪の知識の木の実を食べてはいけないの。」
ヘビは言います。「違うよ~別にあの木の実を食べても大丈夫!実はあれを食べれば神様みたいになれるんだよ」イヴは「えぇっ!そうなの?」イヴは悩みましたが食べてしまいました。
そしてアダムにもその実を食べさせました。
そして次のしゅんかん自分たちが裸だと気づきました。



その日の夕方、いつものように神様が人間の元へ来るとアダムとイヴはかくれていました。
神様がアダムとイヴを呼びました。アダムは答えます、「わたしは裸なのでかくれています」。神様は言います。「どうして自分が裸だと知っているの?」
アダムは言いました。「神様が造ったイヴば私に木の実を食べさせました。イヴは「ちがう、ヘビが私をだましたの!」
罪が人間に入ってしまいました。

神様は人間をエデンの園からおい出しました。
彼らが住む新しい場所はたくさんの草があり、神様の手助けはありませんでした。
アダムは生きていくために畑の仕事をいっしょうけんめいでイヴも子育てに手いっぱいでした。
やがて人間は感情に身をまかせ、悪い事ばかりをし、神様からだんだん遠くなり、やがて神様を忘れてしまいました。



でも神様は自分が造ったものをとても愛していました。
神様はこの世を愛しすぎて、また人間を取り戻すため。
自分の子供であるイエスキリストをこの世へ送りました。
イエスキリストは神様の子どもですが天国での栄光をすてて人間としてこの世に産まれてきました。(ヨハネの福音書 3:16)



イエスキリストはこの世で人間の正しい生き方を教えました。
お祈りの仕方を教えました。
そして病人もいやし、空腹の人をみたしました。
そして神様とまた仲良くなれる方法を教えました。
その①
イエスキリストが神様の子である事を信じる事
その②
自分が神様からはなれて罪に生きている事を認めること。
その③
神様の望む生き方をする事です。

神様の教えは沢山ありますが、1番大切なのは、何よりも1番に神様を愛し、その後、となりにいる人を自分かのように愛する事です。


イエスキリストはそのような事を教えながら生きていましたが、でも一部の権力者はその人気にしっとし、彼を殺す計画を立てます。そしてそれがうまく行くのです。
イエスキリストは犯罪者として十字架にかけられてしまいました。
しかしこれも全ての神様の計画の中にありました。
それは神様が人間を助ける為に自分の完璧である一人息子が完璧ないけにえとしてささげなければなりませんでした。そうする事で全人類の罪を許すことができます。
そして死んだイエスキリストは3日後によみがえり父の元へ戻りました。
私たちに救いの手段を与えました。


10
おしまい。


今日は愛知県の朝倉駅前で伝道活動をしている兄弟の Shota Yoodaさんと Keisuke yamamotoさんを観に行きました。
とても勉強になりました。ありがとうございます!!!


グループホームじけいさんへ遊びに行きました!



今日は1年ぶりのバンド活動でした。

じけいさんは本当にファミリーみたいで居心地が良かったです。

スタッフさん、お爺ちゃん、お婆ちゃんとの出会いに感謝✨感激です。

これからもゴスペルを広げるために全身全霊がんばっていきます吉﨑久弥さんまた遊びにいかせてください😃✨



動画はこちら↓↓↓ http://youtu.be/PGHhBCrbb-8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。